伎芸精髄 あいちのエスプリ

能

English page

愛知県芸術劇場小ホールで行われた無観客公演伎芸精髄 あいちのエスプリ」、伝統と創造が織りなす魂《エスプリ》の奏で。
代表的な演目新しい時代への挑戦を感じるチャレンジ演目を伝統の系譜や公演にいたるまでの制作過程公演にかける思いを踏まえ30分の映像でご紹介します。
2つの演目は全編ご覧いただけるクリップでもお楽しみください。

伎芸精髄 あいちのエスプリ

能楽羽衣はごろも

日本各地に伝わり人々に親しまれてきた羽衣伝説をもととした能楽本来の伝統的な魅力があふれる演目羽衣を上演します

新作能ます

渓流の釣り人と鱒が登場する久田勘鷗氏の新作能 シューベルト作曲の弦楽五重奏の演奏と声楽家の歌唱に合わせ鱒の動きも取り入れた能舞を披露します

能楽観世流について

能楽観世流とは
のうがくかんぜりゅう

観世流は南北朝時代に大和奈良県で活動していた猿楽芸能のひとつ結崎座に所属し大夫座を代表する役者を勤めていた観阿弥が初代 観阿弥世阿弥父子によって芸能として洗練され深みを増す 優美で繊細な表現が特徴

出演者紹介

能楽観世流 シテ方
久田勘鷗ひさだかんおう

久田勘鷗氏はシテ方観世流能楽師・久田秀雄重要無形文化財総合指定保持者の次男として生まれる4歳で初舞台 子役として数多くの舞台に出演し早くから能の道に精進を重ねる 独立後は中部・関西を中心に舞台活動をする傍ら久田観正会を主宰し多数の後進を指導育成している
1991年重要無形文化財総合指定認定2018年度愛知県教育表彰2019年度文化庁地域文化功労者表彰受賞

久田勘鴎氏
能楽観世流ホームページ

能楽羽衣出演者

シテ 天女
久田三津子
ワキ 漁夫白竜
飯冨雅介
囃子 笛
藤田次郎
囃子 小鼓
久田舜一郎
囃子 大鼓
河村眞之介
囃子 太鼓
加藤洋輝
後見
山田義高
後見
瀬戸洋子
地謡
久田勘鷗
地謡
下川宜長
地謡
吉沢旭
地謡
伊藤裕貴

新作能出演者

久田勘鷗
ヤマメの精
久田三津子
釣人A
久田勘鷗
釣人B
山田義高
雷神
吉沢旭
風神
伊藤裕貴
鱒族 ニジマス
瀬戸洋子
鱒族 イワナ
梅若紀佳
囃子 笛
藤田次郎
囃子 小鼓
久田舜一郎
囃子 大鼓
河村眞之介
囃子 太鼓
加藤洋輝
地謡
下川宜長 他
テノール
上ノ坊航也
ヴァイオリン
波馬朝加
ヴィオラ
柿本朱美
チェロ
紫竹友梨
コントラバス
青山小枝
ピアノ
西岡雄太
音楽監修
藤川大晃

語り:石澤典夫