伎芸精髄 あいちのエスプリ

舞踊

English page

愛知県芸術劇場小ホールで行われた無観客公演伎芸精髄 あいちのエスプリ」、伝統と創造が織りなす魂《エスプリ》の奏で。
代表的な演目新しい時代への挑戦を感じるチャレンジ演目を伝統の系譜や公演にいたるまでの制作過程公演にかける思いを踏まえ30分の映像でご紹介します。
2つの演目は全編ご覧いただけるクリップでもお楽しみください。

伎芸精髄 あいちのエスプリ舞踊

連獅子

名古屋独自といわれる石橋の舞台美術を背景に西川千雅氏らはコロナ禍と闘う方々へのエールを込めて試練を乗り越える父子獅子を描く連獅子を演じます

日本舞踊と三味線・和太鼓のセッション

ダイナミックな三味線と和太鼓の演奏と西川千雅氏の日本舞踊によるセッション 自由闊達な舞い姿はコロナ禍で閉ざされた世界からの解放を表現します

西川流について

西川流とは
にしかわりゅう

天保12年1841年)、初世西川鯉三郎にしかわこいさぶろうが江戸から名古屋へ移住し名古屋西川流の初代家元となり西川流の礎を固める 日本舞踊の五大流派の一つとよばれ日舞界でも初期の頃に誕生した流派

出演者紹介

西川流 総師
西川右近にしかわうこん

現在の西川流総師の西川右近氏は日本舞踊の普及発展のために研究努力を重ねるかたわら、「名古屋をどりを始めとする舞踊の脚本・振付に多彩な力量を発揮 1982年度愛知県芸術文化選奨文化賞2001年文部大臣表彰受賞

西川右近さんは2020年12月12日にご逝去されました。
心から哀悼の意を表します。

西川右近氏

四世家元
西川千雅にしかわかずまさ

西川流四世家元の西川千雅氏は70年以上続く公演名古屋をどりを主宰全国で芸妓・舞踊家の指導にあたっている 2016年国民文化祭あいち総合プロデューサー 2019年全国植樹祭あいちG20外相会議文化事業にて舞踊披露 日本舞踊を使った健康体操NOSSノスの普及も行う

西川千雅氏

西川流 別格師範
西川カークにしかわかーく

西川流別格師範の西川カーク氏は西川流総師西川右近氏の長女まさ子氏の長男として二歳で初舞台を踏む 日本の伝統芸能を継承しようと舞踊による国際交流に力を入れている

西川カーク氏
西川流ホームページ

連獅子出演者

親獅子
西川千雅
子獅子
西川カーク
後見 西川章之人

日本舞踊と三味線・和太鼓のセッション
出演者

舞踊
西川千雅
三味線
たなかつとむ
和太鼓
若山和大治太鼓尾張一座

語り:石澤典夫